電気防食装置 マカップス 東京計器 CP-50A/CP-100A

 

船体の腐食を防ぐ電気防食装置『マカップス』

船舶にはタンカー、鉱石船、コンテナ船、客船となど多種多様ありますが、いずれの船も船底は常に海水に接しており、
外板、プロペラ周辺の船尾部分などは防食が不可欠です。

マカップスは強制的に船体の電位を高くし防食します。
これにより以下の効果が期待出来ます。

1.船体の維持経費の削減
2.船の稼働率の向上
3.入渠間隔が予めわかります。
4.すぐれた防食効果が得られます
5.装置設置が簡単
6.長寿命

①防食効果のおよぶ範囲
 ●吃水線下の船体外板,ビルジキール,スタンフレーム
 ●舵板(船体との良好な接地が必要です)
 ●プロペラおよびプロペラ軸の触れる部分(船体との良好な接地が必要です)

②保護亜鉛の取り付け
 次の場所には保慶亜鉛を取り付けてくたさい。
 ●シーチェスト内部
 ●プロペラ軸出ロスタンチューブ(リング亜鉛)
 ●ラダートランク内部
 ●船内配管,冷却機。主・補槻など
 ●ハウスラスターのある場合…その内部
 ●その他,外部からみえない陰の部分

③CP-50A,CP-100A
 船の種類,形状,大きさによってCP-50AおよびCP-100Aの2種類があります。
 CP- 50A : 500トン以下
 CP-100A : 500 トン~3000トン
 なお,船の種類や形状によって多少変わります。その他詳細はお気軽にお問い合わせください。

関連記事一覧