USBL方式水中測位装置

水中の機器やダイバーの位置をリアルタイムで

船上(地上)から、水中の状況を把握したり、作業をコントロールすることは容易ではありません。
機器の紛失やダイバーの事故の恐れのある現場環境で、水中測位データは安心・安全に作業や調査を行うために不可欠な情報です。
水中の機器やダイバーの位置情報を得るために、実用的でもっとも小型・軽量でリーズナブルなシステムが、このTrackLink USBLシステムです。

特徴

  • ノイズレベルの高い現場環境でも誤認が少ない
  • トランスポンダーと船上装置の間でデータの送受信が可能
  • 距離/精度と、取付け機器に合わせた機種選択が可能
  • 小型、軽量、結線の容易さ

機能

  • ROV/AUVと目標物、本船の位置を地球座標上で表示。
  • 水中係留物と本船の位置関係の表示及び係留系のデータ取得。
  • 曳航体(サイドスキャンソーナ)の地球座標上の位置の記録、表示。

これらのことをリアルタイムで行い、水中の測位データをシリアル出力できます。

構成

基本構成はトランシーバー(表層部)とトランスポンダー(水中部)となっており、トランシーバーの制御をワークステーションで行います。トランシーバーがトランスポンダーに呼びかけ、応答が返ってくると、その音波情報がシリアル経由でワークステーションに入力・演算され、トランシーバーとトランスポンダーの位置関係のモニタリング、ログが行われます。このデータはASCII形式ととなっており、ワークステーションから外部システム(ソフトウェア)への出力も容易です。

位置情報取得用のGPSを使用した場合、ワークステーションがトランシーバーの位置情報からトランスポンダーの位置を蚕室氏、トランスポンダーの測位データが得られます。方位取得用のGPSコンパスを使用すると互いの進行方向の把握なども可能です。測位データの精度を向上させるために姿勢センサーも使用可能です。

ラインナップ

トランシーバー

TrackLinkシリーズは3つのタイプがあり、それぞれに低価格(LC)、中精度(MA)、高精度(HA)のモデルがあります。1台のトランシーバーで、8~16台までトランスポンダーを同時に測位できます。

  • ショートレンジモデル: TrackLink 1500シリーズ
  • ミッドレンジモデル: TrackLink 5000シリーズ
  • ロングレンジモデル: TrackLink 10000シリーズ

トランスポンダー

トランスポンダーはトランシーバーの周波数に対応したものの中から、通信距離に応じて選択します(例: TrackLink1500トランシーバーで1000mの通信を行う場合、TN1510を選択)。
用途に応じて、バッテリ内蔵型と外部供給型があり、リモート型(音源部延長型)にすることもできます。

USBL方式トランスポンダー

仕様

トランスポンダータイプ 対応トランシーバー ビーム幅 発信出力 通信距離 水中重量 消費電力
TN1505B TrackLink1500 210°無指向 25W 500m 0.86kg 発信時 10W
受信時 1.6W
TN1510B 32W 1500m 2.0kg
TN5015C TrackLink5000 30° 200W 5000m 16.2kg 発信時 500W
スリープ時 8mW
TN5010C 60° 100W 4000m 10.2kg
TN10015 TrackLink10000 60° 1200W 11000m   受信時 1000W
スリープ時 8mW
TN10010 210°無指向 400W 7000m  

出力フォーマット

ワークステーションは互換フォーマットを含む4種類のフォーマットで測位データを出力できます。

  • TP2互換フォーマット
  • LXT互換フォーマット
  • LQFフォーマット
  • GLLフォーマット

関連記事一覧