GPGlove (株式会社 アカサカテック)

高精度な位置記録、多彩な機器構成

GPGloveは、RTK-GPS・DGPS・DGPSコンパス・自動追尾型トータルステーションからの位置データを使用することにより、作業船(グラブ船・砂撒き船など)の現在位置をパソコン画面上に表示して、目標場所への誘導・記録を行うシステムです。

GPGlove 使用風景

主には、漁礁設置の目標点への誘導・設置位置の記録、浚渫場所への誘導・記録を行うことができます。また、作業・記録した実績画面などをプリントアウトすることもできます。

無線LANなどを使用することにより、ブーム操作室だけではなく、ブリッジなどのウィンチ操作場所でも同画面を表示・操作を行うことができるなど、ユーザー様の作業内容に合わせたシステム機器構成を選択することが可能になっています。

システム構成

システム構成

作業・機材コストにあわせた機器構成が選択可能。

  • DGPSコンパスのみ
  • DGPSコンパス+台船上にRTK-GPS受信機
  • DGPSコンパス+ブームトップにGPS受信機(DGPS or RTK-GPS)
  • GPS受信機を台船上に2台(DGPS or RTK-GPS)
  • DGPSコンパス+台船上にプリズム(TS)
  • DGPSコンパス+ブームトップにプリズム(TS)
  • プリズム(TS)を台船上に2台

これらの機器構成に、無線LAN使用の有無など、さらに多様化できます。 このシステム機器構成によって、誘導方法、誘導精度、システム機材のコストが異なってきます。

システム構成例

DGPSコンパス+ブームトップにGPS受信機(DGPS or RTK-GPS)ブームトップDGPS機器設置例

DGPSコンパス+ブームトップにGPS受信機(DGPS or RTK-GPS)ブームトップDGPS機器設置例

DGPSコンパス+ブームトップにGPS受信機(DGPS or RTK-GPS)ブームトップRTK-GPS機器設置例

DGPSコンパス+ブームトップにGPS受信機(DGPS or RTK-GPS)ブームトップRTK-GPS機器設置例

 

基本機能

作業船誘導・施工記録

オペレータは、パソコンの画面を見ながら、施工目標位置に船を誘導して、施工・記録を行います。施工した場所で記録を行うと、画面上に設定枠の大きさで色が塗られて行くので、常に施工の有無を確認することができます。点誘導、簡易誘導、基準線での誘導、任意作業枠誘導が可能です。

座標系設定

世界測地系なのか旧日本測地系なのかを選択して、使用する場所の座標系を選択するだけで簡単に設定できます。

GPSセットアップ機能

使用するGPS受信機をソフトからセットアップすることが可能です。GPSの設定ミスなどのトラブルがなくなります。 ※自動セットアップ対応受信機は、TOPCON RTK-GPS受信機LEGACY-E+、Hemisphere DGPSコンパスV111です。

背景表示機能:見取り図設定

画面上に、円、四角形などの図形やテキスト文字を自由な大きさ・太さ・色で表示することが可能です。 表示する位置座標は、緯度・経度からでも入力可能です。

背景表示機能:DXF

DXFを読込み画面上に表示することが出来ます。読込み可能なDXFファイルのバージョンはR12、R14、2000です。 ※読込み表示不可能な場合もあります。

工区設定

工区の頂点はX,Yで入力します。頂点は100点まで入力可能です。また、緯度経度で入力することも可能です。

目標設定(目標点登録)

作成した工区内に目標点座標(中心座標)を登録します。 目標点は、基準座標点と方向点を指定して、作成したいピッチと数を指定するだけで、自動的に作成することもできます。

表示設定

画面表示の色は自由に変更可能です。

誘導方法

目標点誘導

登録した目標点(誘導中心座標)を選択して誘導する方法です。登録リストから選ばなくても、画面上で左ダブルクリックすると、その場所から一番近い目標点が選択されます。 画面表示方向は自由に回転させることができます。

入力座標へ誘導

その場で入力した座標を誘導点とすることができます。画面上で右クリックした場所を誘導点として登録することもできます。

簡易誘導

進入したい方向の左右座標を指定することによって、進入方向を画面の上方向にします。 さらに指定した点から次々に目標点をシフトしながら作業を行います。主には、枠誘導で使用されます。

記録方法

ランダムに記録(ブームトップ誘導)

工区を選択するだけで、目標点を指定しなくても作業する現在の場所を記録することもできます。

ランダムに記録(枠管理)

工区を選択するだけで、目標点を指定しなくても作業する現在の場所を記録することができます。

記録は、『現在地で記録』と『目標座標で記録』の選択が可能です。記録時の色を指定します。また深さも記録したい場合には、深さを手入力します。 ※ 『目標座標で記録』は目標点を設定していないと行うことはできません。

表示

実績一覧

記録したデータの座標などが一覧で表示されます。指定した工区のみを表示することができます。 一覧はプリントアウトすることができます。(工区毎、一括でも印刷可)

実績表示

画面上に作業実績を表示することができます。指定した工区のみを表示することも可能です。 実績表示は任意の画面サイズでプリントアウトすることができます。

表示切替

実績を単色・指定色・高さ色・曜日色を切替えて表示することができます。

実績表示

実績表示を帳票としてプリントアウトすることができます。

関連記事一覧